求人案内

タキタデンタルクリニック

〒315-0013 茨城県石岡市府中2-3-25 
0299-56-4618

タキタデンタルクリニック

審美治療

審美治療とは

審美治療

歯の美しさに重点に置いた総合的な歯科治療をおこなっております。単に歯をきれいにするだけでなく、長期に渡って機能させる事も目指します。

美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

こんな悩みがあれば、お気軽にご相談ください

  • 歯を白くしたい
  • 詰め物やかぶせ物の変色
  • 歯茎の黒ずみを解消したい
  • 笑った時に歯茎が出るのが気になる
  • 笑った時に銀歯が見えてしまう
  • 歯の隙間や形状が気になる

クラウン(被せ物)

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

ジルコニア ジルコニア
特徴

内側がジルコニアでできたクラウン。セラミックの中でも強度が高いのが特長です。

メリット
  • ・強度が高いため力がかかって欠ける可能性が低い
  • ・経年での変色がほとんどない
  • ・汚れがつきにくい
  • ・金属を使わないので金属アレルギーの心配がない
オールセラミック オールセラミック
特徴

セラミック(陶器)でできたクラウンです。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・変色しにくい
  • ・金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • ・割れやすく、値段が高い
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
メタルボンド メタルボンド
特徴

中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。

メリット
  • ・中身が金属で作られているため耐久性がある
  • ・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック
特徴

セラミックとレジンを混ぜた材料で作られたクラウンです。

メリット
  • ・程よい硬さのため、周囲の歯を傷つけにくい
  • ・オールセラミック程ではないが、天然歯に近い透明感がある
デメリット
  • ・長期間の使用で変色することがある
  • ・かみ合わせによっては適用できない場合がある
ゴールドクラウン ゴールドクラウン
特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウンです。

メリット
  • ・金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
  • ・虫歯になりにくい
デメリット
  • ・金属部分が目立つ

インレー(詰め物)の種類と特徴

セラミックインレー

セラミック(陶器)でできた詰め物です。白くて見た目が良く、ほとんど変色しないのが特徴です。ただし、厚みがあるので歯を削る量が多く、強度もやや劣るので割れやすいといったデメリットがあります。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材で作られた詰め物です。
見た目が良く、硬すぎないので周りの歯をいためにくいのが特徴ですが、レジンを使用しているので多少の経年変色の可能性があります。

ゴールドインレー

金合金や白金加金で作られた詰め物です。適合が良く、金属の溶け出しによる歯茎の変色や金属アレルギーの可能性が低いというメリットがありますが、金属なので見た目は劣ります。

ガムピーリング

ガムピーリングとは、レーザーや薬剤をつかって歯茎の黒ずみを取る治療法です。
ピンク色の歯茎は白い歯をより一層引き立ててくれますので、歯の美しさが際立つことにもなります。逆に、歯茎が黒ずんでいたりすると、それだけで「不健康」という印象や「不潔」という印象を与えてしまうことにもなります。

当院では薬剤を使ってガムピーリングを行っています。

ガムピーリングができない方

以下に該当する方はお受けできない、または効果が出ない可能性があります。

  • 金属の色うつりによる歯茎の黒ずみ
  • 妊娠中の方
  • フェノール、アルコール類のアレルギーがある方

歯の治療で金属の人工歯や金属の土台でできた人工歯を使用した場合、歯茎が金属によって黒く変色してしまうことがあります。このような場合は、歯茎の表面だけでなく内部まで変色していますので、ガムピーリングによって表層を取り除いても色素を取り除くことはできません。

また、妊娠中の方やフェノール、アルコール類にアレルギーがある方は、アルコールを含む薬剤を使用する治療法ですので、オススメできません。妊娠中の方は出産・授乳が終わってから、歯科医師と相談してガムピーリングを検討してみてください。